ホーム


商品案内

■ 上水道給水量計算システム Ver.1.2(管網計算システムオプション)

本システムは弊社「管網計算システム」のオプション商品です。
上水道管網計算における、各流量(流出)節点の最大給水量の計算を行います。計算された各節点の最大給水量は、本体システム「管網計算システム」で作成された管網配管の節点番号と照合を行い、最大給水量データの連動を行います。
結果、各節点毎に入力する最大給水量のデータ登録を行う煩わしさがなくなり、設計業務をスムーズに行うことができます。また、計算結果はEXCELシートへ直接書き出を行いますので編集が可能です。
規格・仕様 上水道基準に準拠
動作環境
  1. Windows98/Me/NT4.0/2000/XPが動作する環境              (メモリー128MB以上を推奨)
  2. ハードディスク必要容量約100MB以上
  3. 画面解像度1024×768以上を推奨
  4. レーザープリンタ対応
開発元 (株)システム情報企画 & (有)スターシステム
商品価格 ¥52,500-(内消費税2,500)
プロテクト方式 本システムのプロテクト方式にはキーディスク方式を採用しています。複数のパソコンにプログラムインストールが可能ですが、起動はあくまでキーディスクを挿入しているパソコンのみが対象となります。
但し、本システムは、単独では起動しません。本体プログラム「管網計算システム」Ver1.4以上が必要です。
バージョン情報
  • 平成13年6月1日リリース開始
商品の主な機能および特徴
  1. 上水道給水量計算システムの起動は、本体システム「管網計算システム」上の「オプション/上水道給水量計算」ボタンをクリックして起動させます。
  2. 最大給水量の算出方法は「計画戸数から算出」・「総宅地面積と平均宅地面積から算出」を選択するか、またはどちらか大きい方を自動で行うかの選択を行います。
  3. 時間最大給水量=時間平均給水量×時間係数の式に準じた「時間係数」の設定が可能です。
  4. 消火栓使用時の「時間平均給水量+消化水量」(l/s)の考慮が可能です。但し、使用節点は1節点のみ可能となります。
  5. 最大給水量の計算方法を選択し、各節点毎の戸数による時間最大給水量(l/s)を算出した後、本体システムの管網計算システムで作成した管網図節点番号と照合、データ連動を行います。
  6. 計算結果は画面上で確認ができます。
  7. 計算結果はCSV方式、またはEXCELフォームへ直接書き出しを行いますので、編集、応用が可能です。
  8. 本システムは単独では起動しません。「管網計算システム」がインストールされているパソコンで動作可能となります。
カタログのダウンロード
本システムのカタログおよび出力例をダウンロードできます。
          ●カタログのダウンロード         ●出力例のダウンロード  
                            

Copyright2006 System Information Planning co,.LTD.