ホーム


商品案内

■ 一体化長の計算システム Ver.2.0

本システムは、土地改良事業計画設計基準・設計「パイプライン」に準拠して、管路屈折部の必要連続埋設長の計算を管種、継手の種類に応じて検討します。計算単位ごとの弾性係数と許容応力度の設定が可能です。また12通りのケースの計算が可能です。
規格・仕様 「土地改良事業計画設計基準 設計「パイプライン」基準書 技術書」      (平成10年3月/農林水産省構造改善局)に準拠
動作環境
  1. Windows98/Me/NT4.0/2000/XPが動作するシステム環境
  2. ハードディスク必要容量約100MB
  3. 画面解像度1024×768を推奨
  4. USBキー方式
提供メディア USBキー(HASP)1個+本体プログラムCD−ROMにてご提供
開発元 (株)システム情報企画 & (有)フレア情報システム
商品価格 ¥52,500-(内消費税2,500)
商品の主な機能および特徴
  1. 管 種                                                            @鋼 管                                                           Aダクタイル鋳鉄管                                                    B塩化ビニル鋳鉄管                                                   Cポリエチレン                            
  2. 検討方法                                                          @溶接・接着・溶着による接合有効長                                         Aダクタイル鋳鉄管(KF継手、Uf継手)の一体化長                                 B離脱防止器具による一体化長の計算                                        
  3. データ入力画面では連続してデータ入力することが容易なように配慮しております。
  4. 12通りのケースの計算が可能です。
  5. 設計計算書は個々に印刷の有無を指定することが可能です。
  6. 計算単位設定画面にて従来単位・SI単位の選択、該当単位ごとの弾性係数許容応力度の設定も可能です。
  7. 計算結果はMS Wordに出力です。 編集出力、文書ファイルの登録はワープロソフトの機能をフルに活用することが可能です。 
  8. 出力形式は好評DOS版のスタイルを踏襲。図形はさらにはっきり綺麗になりました。 
  9. 重力単位系,国際単位系に対応しており、簡単な操作で単位系の変更が可能です。
  10. ネットワーク対応USBコネクタキーを採用することによりデスクトップ、ノートパソコンへの移動も容易になりました。
カタログと出力例のダウンロード
●カタログのダウンロード      ●出力例のダウンロード 

PDF形式データですので、アドビシステムズ社のAdobe Acrobat(R) Readerが必要です。
体験版のダウンロード
本システムは体験版を用意しております。
ご希望の方は「ダウンロードコーナー」から体験版のダウンロードをお願いいたします。

Copyright2006 System Information Planning co,.LTD.